わきがの役立つ情報

ワキガ、正式には腋臭症は、口臭や足など体臭の悩みの中では深刻なものです。
その原因のひとつはわきの下からでる汗だとされています。


しかし、わきの下の汗がすべてワキガの原因だというわけではありません。

美容外科

わきの下には3つの分泌腺があり、そのうちのひとつが原因なのです。

その3つの分泌腺アポクリン汗腺、皮脂汗腺、エクリン汗腺。通常、暑いときや運動をしたときに流れる体温調節のための汗はエクリン汗腺から流れる汗です。この汗はほぼ水で構成されており、1パーセントほど塩分が入っているのでなめると塩っ辛いです。


次に皮脂汗腺は肌の潤いを保ちエクリン汗腺から出てくる汗と混ざり合うことで皮膚は弱酸性になり細菌の繁殖を防ぐことが出来ます。そして、このワキガで問題となるのはアポクリン汗腺です。
ここから流れる汗は脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、アンモニア、蛍光物質など。

エクリン汗腺の汗とは違い粘り気があるのが特徴です。


アポクリン汗腺から出たときにはワキガの悪臭があるわけではありません。しかし、皮膚でしばらくたつと皮膚にいるコリネバクテリウム属の細菌と混ざり合い分解されてわきが臭を生み出すのです。

なぜ、ワキガになるような汗が分泌されるのかというと、これは人間が動物としての本能からもたらされるのもので一種のフェロモンとしての役割を持っているとされています。
しかし、文明的な生活を手に入れた人間にとってはそのフェロモンは臭く厄介なものでしかないのです。

ワキガをなくしたいなら、アポクリン汗腺から出る汗が分解されるまでの時間、約1時間から2時間ほどまでに汗をシャワーや風呂で流してしまうことです。

しかし、仕事や旅行先ではシャワーや風呂を浴びることも出来ないのでワキガ予防は難しいでしょう。
根本的に解決したいならアポクリン汗腺を切除して問題となる汗が出ないようにすることです。

アポクリン汗腺は体温調節をするわけでもないから切除してもなんら問題はありません。